交通違反とは

交通違反とは、道路交通法に規定されている違反行為を確認した警察官が違反者に反則告知を行うことです。
交通取り締まりを行うことができる行政機関であり、交通事故の多発路線などで交通違反を取り締まりしています。
違反には、軽微な違反と重大な違反があり、軽微な違反は青キップと呼ばれている交通反則告知書を警察官が作成して、控えと反則金を支払う用紙を渡されます。
軽微な違反は、反則金を支払うことで、刑事事件としては送検しない制度になっており、取り締まりの内容に納得出来ない場合は、反則金を支払わないことによって刑事事件として裁判を受ける権利を有しています。pet01_l
また、重大な違反などは無免許運転、酒酔い運転、酒気帯び運転、などの交通反則は赤切符となり、運転免許などを取り上げされる場合もあります。
酒気帯び運転などは、継続的に運転手が自動車を運転することができないので、自動車は家族などに引き取りにきてもらうことになります。
また、飲酒は提供した居酒屋や助手席や後部座席などに同乗していた者も共犯となる可能性があることから、運転手だけの違反だけでなく、周りにも同様の厳しい処罰がきます。
行政点数と罰金も改正され厳しくなっています。