根拠となる法律について

自動車・オートバイなどを運転する場合には、運転免許証を各都道府県の公安委員会から交付を受ける必要があり、これはすべて道路交通法に規定されています。
 

自動車を運転する場合は、道路交通法に規定されていることを守らなければならず、赤信号は停止しなければならないというのも道路交通法を根拠としています。
 

よって、運転する場合は、法律に従って走行しなければならないので、法律違反を行っているのを取り締まり機関である警察に見つかると取り締まりを受けることになります。
 

警察は取り締まりの権限を有する機関であることから、取り締まりを行う場合は法的根拠などは熟知しており、違反行為に関して説明して違反者に納得させる必要があります。
 

しかし、違反行為に関して納得・合意することができない場合は、刑事手続きに変更され、裁判所において裁判を受けなければなりません。
 

これは、軽微な違反であれば刑事事件としての手続きを簡略化し交通反則通告制度により、反則金を納めることによって道路交通法違反の手続きを終えることができるようになっています。
 

警察官などが行う交通取り締まりや、交通切符の作成などもすべて道路交通法が根拠となっているので、法律で定められている以外のことを行うと警察官が法律違反となります。

コメントは受け付けていません。