交通事故を起こした場合

自動車を運転していると、うっかりして相手の車両に接触してしまい交通事故を起こしてしまう場合があります。

交通事故を起こしてしまった場合は、相手や自分に怪我がないかを確認して、怪我がある場合などは救護しながら救急車を依頼しなければなりません。

pet04_l

 

救急車を依頼すれば速やかに110番通報し警察官に現場を確認してもらう必要があります。

 

警察官が現場に来れば、事故の状況や負傷者などを伝えて交通事故証明書を作成してもらわなければなりません。

 

また、自動車の接触場所なども確認しておき、被害の程度なども警察官に見てもらわなければなりません。
 

デジタルカメラや携帯電話のカメラなどで、自動車の破損個所を写真撮影しておき被害の程度を証拠として残しておくことも大切です。
 

相手が負傷していた場合は、自動車運転過失傷害として犯罪捜査していく必要があるので、交通事故現場において警察官が現場見聞を行うことになり、現場見聞後は警察署において取り調べを受けることになります。
 

相手に怪我をさせてしまうと、自動車運転過失傷害の犯人として裁判所に行かなければならず、行政点数だけでなく、罰金刑もあるので非常に重たい処分がきます。
 

相手に怪我がない場合は、警察官が自動車の被害の程度を確認して事故証明書を作成するだけなので、手続きはとても簡単です。”

コメントは受け付けていません。