違反した場合のペナルティ

道路交通法に違反した場合のペナルティには大きく分けて、違反行為に応じた違反点数が加算されるペナルティと、違反行為ごとに設けられている反則金もしくは罰金を納付するペナルティの2種類があります。

 
道路交通法には点数制度と呼ばれるものが規定されています。運転者は交通違反や交通事故を起こすと、その内容に応じて定められた点数が加算されていき、一定の基準に達すると免許停止もしくは免許取消の行政処分が行われ、運転ができなくなってしまいます。免許停止の場合は一定期間が過ぎた後に手続きを行えば再び運転できるようになりますが、免許取消の場合は再び運転免許試験に合格しなければ運転できません。

pet02_l
一方、道路交通法では違反点数とは別に、違反行為ごとに反則金や罰金が定められています。比較的軽微な違反の場合は反則金、悪質もしくは重大な違反の場合は罰金を納付します。反則金は納付すれば刑事手続に進まずにその違反に関する処理が終了しますが、指摘された内容が不服であれば支払わずに争うことができます。しかし、多くの違反者は反則金を納付して済ませています。一方、罰金は刑罰の一種であるため、刑が確定したら指定期日までにすみやかに納付しなければなりません。

コメントは受け付けていません。