公道扱いされる私有地

私有地とは、個人が所有している土地であり、狭い路地などがある地域などでは、私有地を道路のように舗装している場合などがあります。
 

私有地などを舗装して私道として住民の方が使用している場合などは、道路交通法は適用を受けることがありません。
 

これは、大きなスーパーの駐車場などで、バイクでヘルメットかかぶらずに運転していても取り締まりの対象とならないのと同じです。
 

しかし、私道であっても、道路の舗装や整備などを市役所・区役所などの行政機関が整備を行っている場合は、公道として適用を受けることになることから道路交通法の適用を受けることになります。
 

そのため、私道であるので道路交通法違反の適用を受けることがないと考えていると取り締まりの対象となるので、その道路を管轄する市役所や警察署などに問い合わせすることによって確認することができます。
 

私道などは、道路の幅員が狭いので路上に自動車を駐車すると、他の自動車などが通行することができないので、駐車違反などを取り締まることは困難です。
 

また、公道であっても私有地にある道路などは標識などを立てていることが少ない場合があります。
 

これは警察が取り締まりを行う幹線道路ではなく地域の方が日常生活で使用する道路という認識があるためです。”

コメントは受け付けていません。